押勝日記

趣味と日常について。読書、ゲーム、食事、お酒。

読書覚書『闇の自己啓発』第2部 第4章 宇宙開発

★気になったワードを箇条書き

★※は感想、気づき、連想

 

アイザック・アシモフ

・暁氏は立派な尊敬すべきオタク

・「ホール・アース・カタログ」

・民衆にわかりやすい言語や文化の発見と啓発

・可視化の重要性、ホッブズリヴァイアサン

※可視化させ、動きやすくする。スローガンじゃだめ、自分たちの姿をイメージさせる。

・イコノロジー(図像解釈学)

・イメージの制作過程が思考の深化、解釈の変化、コンセプトの創造につながる。

※書くということ、描くということ。思考の深化には同じような過程がありそう。

・ヘッケルとドグラ・マグラ

・「ナウシカ解読 増補版」

※読みたい

・テクノロジーが夢を形にする、フィクションは夢見られる欲望の内実を問うたり突き詰めたりする

・バッドエンド依存症

※幸せな嘘に甘えず厳しい現実を見る方が誠実

ユートピア

・設定されたルールに従うモデルの耐久テスト的な物語享受

※思考実験?

・宇宙探査とロボットの人格

・人格のコスパ(!)

・人権のない人間の形をしたナニカ

※人権の定義がそのうち変わる?

・人間の心の自律性とネットワーク

・集団的弥勒菩薩!!

・ニューロネット、国有プロジェクトやばい

・宇宙では自律するロボット、地上では人格の共有をする人間

・元々人間が持っていた機能を外部のモノに任せる

※人間に必要な能力、これから育ったり進化したりする能力は何だろう

・宇宙に人間がドンドン出ていける→総量功利主義→出生加速主義

・距離の暴虐は距離の恩恵に転じもする→今の社会に耐えられなければフロンティアを目指す→宇宙ごと超えていけ

 

 

感想

人間って何だろう。

幸せって何だろう。

人権について、幸福についての定義も色々と見直されていくし、変化に敏感になっとかないといけないな。

 

 

読書覚書『闇の自己啓発』第2部 第3章 AI・VR

★気になったワードは箇条書き

★※は感想など。

★できるだけ書名『』、本文が引用してる文章は孫引き回避の「」

 

・変性意識について

※トランス的な理解で良いのか

アイソレーションタンク

・テクノロジーと悟り

サイバーパンク2077の禅僧

3Dプリンタにより、物質世界がデータの影、幽霊のようなものへ。データこそが本質に

イデアの現実化?

・データの方が複製しづらい

・人間は良くできたロボット、人間が凄く扱いやすい道具は人間

※大ダーク、生ロボ

※教育はロボット作り?

・心が無条件で人間に備わっているとは限らない

※人間の定義とは?

※デス・ストランディング、デッドマン

オルタナ右翼ミームNPC」の発想、輪廻転生、魂の総量は決まっている、哲学的ゾンビ

※発想面白

・人格のデータ化

サイバーパンク2077、神輿

サイバーパンク2077内の人間対AIの構図

サイバーパンク2077はシンギュラリティ後?要確認

・オルダスハクスリー『すばらしい新世界

・「文学は一種のメタゲーム」

・幸福のパターン化、パターンから逸脱するという幸福

・脳だけになりたい

※ダイレクトに脳に快楽物質送ったら酒も要らない

・身体拡張

攻殻機動隊

・アニメ『楽園追放』

報酬系の自主管理、やりきった感と効果は別物

・「意識は受動的な出力・結果に過ぎない」

・心の存在は証明できないけど、求められる心の動きを見せて、自分が敵でないことを相手に示していく

※心を感じないとか、そういうこと他人に言うのやめよう

 

☆感想というか思考のダダ漏れ

サイバーパンク2077、AIとか身体拡張について色々学び直して、もう一度遊びたい作品。

 

人でなしとか人の心が分からないとか、言われるけれど、それを自覚した先に生きづらさを解決する手段があるのかもしれない。

 

テクノロジーと悟り、テクノロジーで悟りという精神状態に至る手助けが出来るのかどうか、めちゃくちゃ興味がある。デジタルニルヴァーナデジタルディバイドニルヴァーナとか発生するのか。

 

人間対AIの構図以外有り得ないのか。ロボット三原則鉄のラインバレル。意図的にAIの技術発展を遅らせる?

 

石黒浩とロボット。平田オリザとの接点もあったはず。

 

本当にAIが自我を持ち、人間の身体拡張の技術が進歩した後...何が人間を人間たらしめるのか。また、人間を人間とする必要性があるのか?

読書覚書『闇の自己啓発』第1部 第2章 中国

今回から、気になったワードを箇条書き、※で感想や思いつきを書いていく。変更もある。

 

・権威を下から批判するのがポピュリズムの基本戦略、香港デモもオルタナ右翼も反権威という面では一緒

・中国異質論へのアンチテーゼ

・ナッジ

・AIで統治、ポストヒューマン

アルゴリズムが人を統治する

→よき市民へ教育

→人間は教育に失敗しても廃棄不可

→廃棄は不可だが放棄は可能(スラム)

※格差極まって行った未来か、中年引きこもりとか、こんな風になっていく?

・数値での誘導、言語要らぬ?

※いい人指数的な意味で監視社会か?

功利主義墨子

墨子読むべきか、要約見るとtrpgパラノイア

十二国記も読みたい

ソレスタルビーイングなるほど

・「ビギナーズクラシック 墨子

・信用スコア

アズレン

※日本のカルチャーへの愛が凄い

功利主義の基準、中国は快、映画ジョーカーは自己決定権

※心の余裕がある時に、ジョーカーをみたい

伊藤計劃『ハーモニー』

・統治功利主義とAI、自我の消去をされる人間

人類補完計画は本当に幸福かどうか

※自由、個人主義アイデンティティを、手放すことができるか。

・幸福の定義

※仮に幸福が定義付けられたとして(最大多数の最大幸福、快不快、金銭、自己決定権など多々あるだろうが)、システムやなんやなんやとして、誰かに(政府や権力に)押しつけられてしまえば納得は出来ない気がする。

※自分自身が、「納得」をかなり重視していることを気づく。自己決定との違いがあるかどうか、今後考えてみると自分というものがハッキリしそう。

※「天気の子」、この間の金ローで見れば良かった...

ニーアレプリカント/ゲシュタルトセカイ系の物語かどうか?

 

全体的な感想

個人の自由を突き詰めた結果としての前章のダークウェブ、対照的に個人が監視されてシステマチックに統治されていきそうな中国という構図。

中国に関しての理解不足。要勉強。

なぜこんなことを知る必要があるか?という点について、将来日本がどうなるか分からないけれど、どんな社会でどのように生きていきたいか、それに納得ができるか。

この本を読むモチベーションはそこになりそうだ。

知らないことを知り、分からないことに出会うことで、固まりがちな価値観にどんどん揺さぶりをかけていく。

読書や映画、アニメ、ゲームなど、様々な分野への水先案内人となりそうなこの本。

続きも楽しんで読んでいく。

読書覚書『闇の自己啓発』第一章ダークウェブ

自己啓発→社会に都合のいい人形になるよりも

リバタリアン

スナッフフィルムの希少性→動画にするために〇すというプロセス。タブーを犯す興奮。

児ポの自己決定権、教育の必要性ありそう

インターネット議論での合意形成が未熟、ポピュリズムになりがち

テクノロジーに強いスピリチュアル系を見ない

日本、権利を主張、拡張していいという文化ではない(飛行機に乗れなかった障害者の人が叩かれた)

テクノロジーと政治をつなげる

加速主義→資本主義の進展を加速することで資本主義が解体される

新反動主義→民主主義、リベラリズム、平等主義への過激なアンチ

ブロックチェーン→?

教祖としてバビ肉

OKサインとピースサインが差別的とされる場合がある(ホワイトパワーに2ジェンダー)

アプロプリエーション(我有化)(専有)→押し付けられた元々の意味から使い直して自分たちのものとして再定義

オルタナ右翼の手法

左翼、今後は普遍的なものを打ち出す

 

感想

圧倒的にこちらの知識量が足りない。

哲学や現代思想の勉強不足。

課題図書を読んでから読むべきか、と思ったが、一度通読後、興味のある分野を深める読みをする方向で行く。

熱量が凄い、様々な知識を持った人が読書会した時の、知の繋がり、興奮がライブ感たっぷりに伝わってくる、気がする。

メンバーは思想の系統、流れを重視している?

この本で得た知識を何に役立てるとか、そういうことは置いといて、自分の知らない世界を楽しむ。

ゾンビ・ガール

ゾンビ・ガール、という映画を見た。

ジャンルは、ホラーコメディ。コメディと言っても、ゾンビ映画なので、グロ表現は普通にあり、びっくりとかホラー要素は殆どない、と思う。

 

以下あらすじ

 

主人公マックスはホラーが大好き、そしてホラーショップで働く店員。いつか自分のホラーショップを持つことを夢見ている。

そんなマックスは、エヴリンという女の子と付き合っている。エヴリンは極端な環境保護論者かつ束縛激しめ女。食べ物も、車も、家具も、何もかも、環境に悪いことは気に入らないし、彼氏がそんなことをするのも気に入らない。マックスはエヴリンが大好きなので、彼女の言うがままに、食事も好きな物を食べられなかったり、車を売って排ガスの出ないキックボードを使ったり、相当エヴリンに尽くす。そこに疲れも感じている。

そんな彼女と同棲を始めたのだが、ここで諍いがおこる。エヴリンが勝手に部屋の内装をエコなものに改装、さらに、マックスがホラーショップを開く際の資金源として当てにしていたプレミアのついたコレクションをダメにしてしまう。このことをきっかけに、マックスはエヴリンと別れることを決意。腹違いの兄弟に相談し、エヴリンに別れを告げるために大通りに呼び出す...のだが、エヴリンはそこで交通事故に会い、マックスの手の中で帰らぬ人となってしまう...

悲しみにくれるマックス。気分転換にホラー映画でも見たら?という兄弟の提案に乗り、映画館へ。そこで出会ったアイスクリーム屋の店員オリヴィアという女の子と意気投合、いい雰囲気に。お家で2人でイチャイチャしようとしたところ、なんとエヴリンがゾンビになって帰ってきていて...

果たしてマックスの新たな恋の行方は?

 

という話。ホラー要素はエヴリンがゾンビになるまでないし、全然怖くなかったかな。

 

以下ネタバレありの感想、と言っても伏線とか諸々、特にはないのだけれど。

 

f:id:oshikatsu:20200224134114j:image

 

エヴリンがヤバすぎる。マジで彼女まではいいけど絶対結婚したくない。ストレスでハゲ散らかす。多分マックスにとってのエヴリンの長所は、見た目がいい、身体がエロい、セックスに積極的、それからマックスのことを好きすぎて、おそらく今のところ浮気はしなさそうという所。あれ?最後のって結構大事じゃないか...?

とも思いはするが、自分の趣味のものを捨てられるくだりがヤバすぎる...日本でもプラモ捨てられりフィギュア捨てられたりする夫の話あるけど、あれと同じ。なんとなくエヴリン、マックスを自分のパーツというか、ファッションの一部というか、そんな感じに扱っている気が。

個人として尊重されないマックス。可哀想マックス。

なんか胸の奥が、イタタタ、とズンと重くなるよう女、それがエヴリン。

そのあと出会ったオリヴィア。趣味にも寛容、身体がエロい、セックス大好き、見た目も美人。というかマックス...なんというか好みが...身体で選びすぎでは...?

最後は幸せになれて良かったね。オリヴィアからマックスへのLINEにエヴリンが返信したとこほ、オリヴィアの店をエヴリンが襲撃ところは割とゾッとした。

そしてマックス、モテる。マックスは話にユーモアがあって、優しくて見た目もいい好青年だからモテて当然と言えば当然なのだけれど。

ここまで話してるとおり、ホラーとして印象に残るシーンは殆どない、だってコメディだもの。ゾンビになったエヴリンが防腐剤吐き出すところとか、ヨガで身体をありえない曲げ方をして、骨がバキバキ折れるところくらいかな?グロかったのは。

 

ホラーを期待してみたら、物足りなさはあるけれど、とても面白く見れた。

多分、マックスみたいな経験はないけど、マックスに感情移入出来たからかな?

パートナー選びって大事だなあ、と思った映画(ホラー映画への感想ではない)

最近食べたご飯

f:id:oshikatsu:20200212221449j:image

1つ、結婚前に妻と仕事帰りによくデートに行っていた場所のプルコギ定食。ステーキ丼を食べに行ったが、メニューからなくなっていて残念。だけど、その残念さを上回る美味しさ。肉屋のご飯屋だからとにかく肉が美味い。個人的には野菜が新鮮な感じで美味い。

 

f:id:oshikatsu:20200212221454j:image

2つ、ぜいたく海鮮丼。

ぜいたくだから、海鮮丼にウニとアワビがついてきます。魚食いに行きたい、ってんで、妻と2時間、海までドライブして食べてきた。妻が喜んでたのがこちらとしても凄く良かった。

目の前に生簀があるカウンターで食べてきたよ。当然ながら、とにかく魚が美味い。

 

f:id:oshikatsu:20200212221519j:image

3つ、ラーメン屋。スープにこだわりがあるらしい。継ぎ足しだったか、そんな感じ。豚骨、多分、博多系かな?とっても美味しくて、替え玉した。多分また行く。

 

f:id:oshikatsu:20200212221537j:image

4つ、多分有名なラーメン屋。普通に美味い。

王様ラーメン、だったかな。こういうのがいいんだよ、という感じ。平田オリザさんのワークショップと講演会の合間に昼食として食べた。

 

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷、という映画を見た。実在の屋敷をモデルにしたホラー映画だ。ある老婦人が、とある事情で、自身が死ぬまで増築し続けたと言われる、見た目も中身も奇妙な館がモデルとなっている。

ウィンチェスターと言えば、あのライフルで有名なウィンチェスターです。ゴールデンカムイで土方が使ってるやつ、僕は銃は詳しくないのであまり分からないが。

ホラー要素は強め...かな?物足りないと言えば物足りない。ライトな感じのエクソシスト、と言ったところか。

 

 

以下あらすじ

 

サラ・ウィンチェスター(英語版)は夫が遺した広大な屋敷に暮らしていた。彼女の夫、ウィリアム・ウィンチェスター(英語版)は銃製造会社の社長であったため、その突然死は銃で殺された人間の怨霊が原因だと噂された。子供と夫を立て続けに亡くしたサラは悲しみの底にあったが、自分も怨霊に取り憑かれているのではないかという思いが日に日に強くなっていた。ついに耐えきれなくなったサラは霊媒師に助言を仰いだ。サラはその助言通りにカリフォルニア州サンノゼに引っ越し、亡くなるまでの38年間を邸宅の建設に捧げることとなった。傍から見れば狂気の沙汰であったが、サラにとっては怨霊から逃れるための必死の策であった。

1906年精神科医のエリック・プライスはそんなサラの診察のために邸宅に赴くことになった。そこで彼は怪奇現象に遭遇し、サラが正気であることを確信するに至る。

(wikiより引用)

 

以下ネタバレあり

 

f:id:oshikatsu:20200212213841j:image

 

もっと老婦人の狂気が見たかったなあ、と思っていたら、最後にはこの御婦人をちょっと好きになっていた、そんな映画。死ぬまでの38年間、亡霊の影に怯えながら、ずっと増築し続けるというのは、完全に狂気の類、取り憑かれている類だろうと見る前は期待した。が、この老婦人、家族を守ろうとし、地域からも愛される、普通にいい人で、また、最後まで見ればそれが心地よい。こ、これからも亡霊を封じてくれえ、がんばれえ、って感じ。俺はおばあちゃんっ子なので。

ラスボス退治に関してはご都合主義と思う人も居そうだなあ、と。ただ、あの御婦人、全部分かっててあの医者呼んでる気もした。

また、ラスボスの攻撃がFateのエミヤ味があった。正体も、ありがちな設定ではあったけど、やっぱりゾクッとするものがあったかな?

一番怖かったのは、御婦人がヒスってる感じになってるシーンかな。

そして、やっぱり凄い武器を作ってしまった人の苦悩は計り知れないのだろうなあ、という感想。お前のせいで息子が死んだ!とか言って来る人もいただろうし。

 

近いうちに、また別のホラーも見たいな。